利用までの手続きについて

@作業見学 
A作業体験 2週間程度

体験前に下記の書類の提出をお願いいたします
・利用申込書

・医師の意見書
B市役所へ申請

・相談支援事業所選定 計画作成

・申請書等の提出

 (訓練等給付費支給申請書兼利用者負担額減免額・免除等)

・認定調査後、受給者証の交付を受ける   

C書類の提出 

下記の書類の提出をお願いいたします

・受給者証並びに決定通知書

D利用開始   

 

 

※当施設を利用される方のご家族には、となみ野家族会に原則入会していただきます。

詳しくはとなみ野家族会のページをご覧ください。

利用料について

利用料


 

事業のサービス単位 × 利用日数

 

毎月の利用者負担には上限があります。所得に応じて次の4区分の負担上限月額が設定され、ひと月に利用したサービス量に関わらず、それ以上の負担は生じません。個人と配偶者の市町村民税の課税状況により上限額が決定されます。

 

区分

世帯の収入状況 

負担上限月額

生活保護  生活保護受給世帯 0円 
低 所 得  市町村民税非課税世帯(注1) 0円 
一 般 1  市町村民税課税世帯(所得割16万円(注2)未満) 9,300円 
一 般 2  上記以外 37,200円 

 

(注1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。

(注2)収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります。

 

単位について


就労移行支援事業(631単位)+加算

就労継続支援事業B型(551単位)+加算